スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
081228li1.jpg 081228li2.jpg
081228li3.jpg 081228li4.jpg

BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


2ヶ月半齢のリッくんです。初回ワクチン、今年間に合って良かったです。ナースさん方に大人気でした~♪ 体格差のあるルルやスザクにプロレスでは敵わなくとも、追いかけっこでは負けじと頑張っています。兄弟に比べるとクールな感があった彼ですが、最近ではゴロゴロ度も増して、可愛らしさに磨きがかかっています。
どうなるかと見守っていたお鼻のブレーズは予測どおりほとんど目立たなくなってきました。せっかくバロン・リックスって付けたのに~。ちょっと残念…。

りっちゃんを可愛がってくれる優しい大家さん募集中です。左のメールフォームより、お気軽にお問い合わせ下さいね。
スポンサーサイト
2008.12.31 Top↑
081215ri1.jpg 081215ri2.jpg
081215ri3.jpg 081215ri4.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


ちょうど2ヶ月齢程のリッくんです。
もうちょっと体重が欲しいので、ワクチンは年明けくらいかな…。
黒いので判りにくいですが、結構かわいいお顔をしています♪
2人のお兄ちゃんギャングsに頑張ってついてってるな~と感心します。
最近のフレールはすっかりママ業を卒業して、もっぱらスージーが3匹のお世話をしていますが、フレールもまだ時々子猫ケージの中のベビーフードを狙っている様子です。(笑)

ただ今リッくんの大家さん募集中です。見学が可能になるのは1回目のワクチン後ですが、興味のある方は左のフォームでお問い合わせ下さいませ。
2008.12.17 Top↑
081123ri1.jpg 081123ri3.jpg
081123ri2.jpg 081123ri4.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


5週齢を過ぎたリッくんです♪
離乳が始まったところで、先のフレール's Kittenと育児ケージを合流させました。
そろそろ集団生活を学習してもらわなくてはなりません。
早期に親きょうだいから離された子猫は、情緒不安定で神経質な猫に育つといわれますが、それは見立ての遊びや力加減を学んでいないからだそうです。もちろん後天的な生活環境や周りの家族から受ける影響が何より重要ですし、品種猫の場合は遺伝的な気質も大きく影響しますから、この説についてもそういう傾向にある…という程度でしょうが、人間レベルで考えても一定の信憑性はありそうですね。
我が家では、ごく少数の子猫しか産まなさそうなママには、可能な限り近い日程でもうひとつのプランを立てます。これは初産のママと同様、片方のママに何かあったときの保険なのですが、同時にひとりっ子に育てないための工夫でもあります。

仲間に入りたてのリックスくん、まだまだお兄ちゃんたちのやんちゃぶりにはついていけないけれど、日々動きが速くなってきています。今では朝ケージの扉を開けると、一番最初に飛び出してくるくらい。ステップ台制覇はいつになるかな?
何しろ黒いのでなかなか上手く撮影できず、大量のボツ山を築いていますが、きれいな横顔にはちょっとほれぼれ…婆バカ…(笑)パパ譲りのお鼻のブレーズは消えずに残るのかが、目下の大家の気になるところです。

2008.11.24 Top↑
081028r1.jpg 081028r2.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White
保留中

スージーの2ndリッターです。
なんとっ!!! またしても白黒!? 
冗談ではなく、本当に生まれました。しかもまたひとりっ子!
こうなると次はどうなるのだろうと、逆に期待してしまう私たちです。(笑)

パパは前回同様アロンですが、リックスの鼻筋には
パパにそっくりなブレーズがあります。(ちょっと斜めってる?)
生まれたときからきれいな横顔もパパ譲りで、将来に期待♪

前回のスージーはほとんど子育てをしてくれない落第生ママでしたが
今回はきちんと乳を飲ませ、せっせと下の世話をして、
子猫が鳴くと一目散に戻ってくる優秀なママさんです。
なにしろ彼は大きな声でよく鳴く子なので、ママがすぐに取り戻そうとするし
哺乳の補助も不要で、実は私たちもあまり手を出す機会がありません。
これからじっくり触りまくる予定です♪

私たちと一緒に、リックスの成長を見守って下さいね。
2008.11.05 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。