スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
081123ri1.jpg 081123ri3.jpg
081123ri2.jpg 081123ri4.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


5週齢を過ぎたリッくんです♪
離乳が始まったところで、先のフレール's Kittenと育児ケージを合流させました。
そろそろ集団生活を学習してもらわなくてはなりません。
早期に親きょうだいから離された子猫は、情緒不安定で神経質な猫に育つといわれますが、それは見立ての遊びや力加減を学んでいないからだそうです。もちろん後天的な生活環境や周りの家族から受ける影響が何より重要ですし、品種猫の場合は遺伝的な気質も大きく影響しますから、この説についてもそういう傾向にある…という程度でしょうが、人間レベルで考えても一定の信憑性はありそうですね。
我が家では、ごく少数の子猫しか産まなさそうなママには、可能な限り近い日程でもうひとつのプランを立てます。これは初産のママと同様、片方のママに何かあったときの保険なのですが、同時にひとりっ子に育てないための工夫でもあります。

仲間に入りたてのリックスくん、まだまだお兄ちゃんたちのやんちゃぶりにはついていけないけれど、日々動きが速くなってきています。今では朝ケージの扉を開けると、一番最初に飛び出してくるくらい。ステップ台制覇はいつになるかな?
何しろ黒いのでなかなか上手く撮影できず、大量のボツ山を築いていますが、きれいな横顔にはちょっとほれぼれ…婆バカ…(笑)パパ譲りのお鼻のブレーズは消えずに残るのかが、目下の大家の気になるところです。

スポンサーサイト
2008.11.24 Top↑
 081123lu2.jpg
081123lu3.jpg 081123lu4.jpg
LELOUCH (Male) ルルくん
Classic Tabby & White


081123su1.jpg 081123su2.jpg
081123su3.jpg 081123su4.jpg
SUZAKU (Male) スザクくん
Classic Tabby & White


2ヶ月齢を過ぎたフレールっ子たちです。
そろそろワクチンの時期ですが、大家の日程調整の方が問題…(-_-;)
数日前にスザクがステップ台の最上段をようやくクリアし、大好きなハンモックをルル兄と争えるようになりました~。それに最近同居したリックスという弟分をいたくお気に入りの様子で、いつも一緒に遊んでいます。リックスがもう少し小さいときは、ケージの外で遊んでいる時も一方的にオモチャにして逃げられていましたが、最近は弟分も反撃してくるので一層楽しいようです。

これまでの成長経過を観るところ、ルルはどちらかというと用心深い慎重派、スザクはおおらかな末っ子タイプのように伺えます。まあ弟の方はほぼ人口哺乳で育っているので、人間に対して無防備なのは当然かもしれませんね。今はまだ育児部屋のドアからほんの先までしか出かけていませんが、リビングから先のへやに進出するようになったとき、たくさんのおばちゃん(&おばあちゃん?)たちとどう対峙するのかが見物です。
そして興味深いのは、はたして彼らの運動神経はパパとママどちらに似ているのか?(笑)


とても人懐っこいスザクくんの大家さんを募集しています。
興味のある方は左のフォームよりお問い合わせ下さいませ。
2008.11.24 Top↑
081028r1.jpg 081028r2.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White
保留中

スージーの2ndリッターです。
なんとっ!!! またしても白黒!? 
冗談ではなく、本当に生まれました。しかもまたひとりっ子!
こうなると次はどうなるのだろうと、逆に期待してしまう私たちです。(笑)

パパは前回同様アロンですが、リックスの鼻筋には
パパにそっくりなブレーズがあります。(ちょっと斜めってる?)
生まれたときからきれいな横顔もパパ譲りで、将来に期待♪

前回のスージーはほとんど子育てをしてくれない落第生ママでしたが
今回はきちんと乳を飲ませ、せっせと下の世話をして、
子猫が鳴くと一目散に戻ってくる優秀なママさんです。
なにしろ彼は大きな声でよく鳴く子なので、ママがすぐに取り戻そうとするし
哺乳の補助も不要で、実は私たちもあまり手を出す機会がありません。
これからじっくり触りまくる予定です♪

私たちと一緒に、リックスの成長を見守って下さいね。
2008.11.05 Top↑
081022Lu1.jpg 081022Lu2.jpg
081022Lu3.jpg 081022Lu4.jpg
LELOUCH (Male) ルルくん
Classic Tabby & White

081022su1.jpg 081022su2.jpg
081022su3.jpg 081022su4.jpg
SUZAKU (Male) スザクくん
Classic Tabby & White


今年のフレールっ子です。
前回の子猫たちが小さかったので、今回はどうだろうと心配していましたが
2頭兄弟のうちルルは、今のところ過去リッターと比べても、実に順調に育っています。
またスザクの方は若干小さく生まれてきた上に、ママの乳を上手く吸えなかったため
ほぼ完全に人口哺乳となりましたが、その割にはちゃんと体重を増やしてくれて
お兄ちゃんに少し遅れながらも、毎日元気に成長しています。
因に今回はふたりとも、既にドライフード食べてます~。(^_^;)

これまでお相手を務めてきたImiママの跡を受けて(?)今回のFreresのお相手は、
Cattery Feary Ringの看板オトコ Fanfanくんです。
面白いことにFanfanくんがパパのときはなぜか男の子が多いんですよね~。
実際 Imiと他の男の子の組み合わせのときは、女の子が多かったのでした。

10月がちょっと忙しかったため、前の分の写真をまだ編集していないのですが
こっそり過去記事にしていきますので、またのぞきにお立ち寄り下さいませ。

2008.11.05 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。