スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
081228wh1.jpg 081228wh2.jpg
081228wh3.jpg 081228wh4.jpg
RICHART (Male) リシャールくん
White/Odd Eyed
お問い合わせ中

Imiっ子垂れパンダと同居している白子ちゃん。
彼らに負けない程、彼も人懐っこい性格で垂れパンダきょうだいの一員を担っています。なんと我が家のホワイトにしては、すでに可愛いお顔をしています。パパ似?…な~んてJoママに似てくるのはこれからか?(笑)
1週間先に生まれているImiっ子と比べて、体格的にほとんどひけをとらないどころか先に猫に変身しそうな白王子です。
スポンサーサイト
2008.12.31 Top↑
081228se1.jpg 081228se2.jpg
081228se3.jpg 081228se4.jpg
SETSUNA (Male) セツナ(刹那)くん
Blue Silver Classic (?)Tabby & White


081228na1.jpg 081228na2.jpg
081228na3.jpg 081228na4.jpg
NAYUTA (Female) ナユタ(那由他)ちゃん
Blue Mkl. Torbie & White


ちょうど1ヶ月を迎えたイミっ子兄妹です。
まだ猫に脱皮していません~。外に出ている時はちゃまちゃま膝に乗ってきたり、ケージの中ではコロンコロンお腹を出してまるで垂れパンダのよう。もう眺めているだけでニマ~っとしてしまう程可愛いです♪
この子たちのスゴいのは、哺乳も一切しなかった上に、すでに勝手にドライフードを食べ始めている事。他所さまの事情は判りませんが、我が家ではこんなに楽をさせてくれるリッターはほとんど初めてといって良い程です。全然育児の補助をしてないのに人なつっこさはサイコーで、チビチビの頃からゴロゴロ言ってます。
2、3日前からImiママが育児を継続できなくなって、どうなるかと心配していましたが、今はイミっ子ベルが代代理ママを立派に務めています。(もしかして実のママ以上に…笑)

あとは彼らがいかにして猫に変貌していくのか…楽しみにしています。
2008.12.31 Top↑
081228li1.jpg 081228li2.jpg
081228li3.jpg 081228li4.jpg

BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


2ヶ月半齢のリッくんです。初回ワクチン、今年間に合って良かったです。ナースさん方に大人気でした~♪ 体格差のあるルルやスザクにプロレスでは敵わなくとも、追いかけっこでは負けじと頑張っています。兄弟に比べるとクールな感があった彼ですが、最近ではゴロゴロ度も増して、可愛らしさに磨きがかかっています。
どうなるかと見守っていたお鼻のブレーズは予測どおりほとんど目立たなくなってきました。せっかくバロン・リックスって付けたのに~。ちょっと残念…。

りっちゃんを可愛がってくれる優しい大家さん募集中です。左のメールフォームより、お気軽にお問い合わせ下さいね。
2008.12.31 Top↑
081228lu1.jpg 081228lu2.jpg
081228lu3.jpg 081228lu4.jpg
LELOUCH (Male) ルルくん
Blue Classic Tabby & White


081228su1.jpg 081228su2.jpg
081228su3.jpg 081228su4.jpg
SUZAKU (Male) スザクくん
Cream Classic Tabby & White


3ヶ月齢を過ぎた兄弟です。今まさにやんちゃざかり!
ふたりとも良い感じのお顔に育ってきました♪(私たち好みの…という意味で…笑)

彼らの両親は、パパFanfanくんは父系が米系で母方が欧州系、ママFreresはパパもママも米仏ハーフという偶然にも面白い血統です。米国ラインを遡ると同系にいきあたり、仏ラインは全て別々。我が家にとっては外産のYoruから始まって4代目。(すでに2リッター目ですが) 繁殖可で譲渡することがほとんどないため、我が家で同じYoruラインのMikoが4代目を見せてくれた他は、まだどのラインも固定されていません。惜しまれるのは父系統で直系を残して来れなかったことですが、まあこれも仕方のないことです。
品種猫のブリードというのは、サラブレッド作りのように実はとても数学的で、私のような計算下手にはちょっと難解な部分もあるのですが、ハマるとこれが非常に面白いのです。
計算が当たるかどうかは、実際オトナになってみないと判らないのですが… もちろん一番大切なのは、健康と性質ですよ♪ この兄弟は性格も花マル♪♪
とにかく彼らの成長を楽しみにしている我々です。特に3年後あたりが♪
2008.12.31 Top↑
081215wh1.jpg 081215wh2.jpg
081215wh3.jpg 081215wh4.jpg
RICHART (Male) リシャールくん
White


2年ぶりのJoっ子、久しぶりの白子ちゃんが生まれました!
お待ち下さっている方がいたので何とか生まれて欲しいと願っていましたら、男の子でした。女の子をお待ちの方には本当に申しわけありません。
生まれた2日後には、Imiの育児ケージに移したので、Joママは既にヒートが来ています。今回1匹のみで育児もないので、彼女には来年中に早めにもう一度頑張ってもらおうと思っています。(そろそろ引退の時期なので、私たちも焦っていたり…(^_^;))
これで2008年の出産は終わりましたが、今年は5リッターも出産があった割に、子猫の合計が9頭…寂しい年でした。

さて白子ちゃんは1週間早生まれの兄妹に押しのけられながらも頑張っています。
既に目も開いており、おそらくオッドアイだと思われます。
白子ちゃんがいかに面白怖顔を経て成長していくかを、久しぶりにお楽しみ下さいね♪
2008.12.17 Top↑
081215se1.jpg 081215se2.jpg
081215se3.jpg 081215se4.jpg
SETSUNA (Male) セツナ(刹那)くん
Blue Silver Classic (?)Tabby & White

081215na1.jpg 081215na2.jpg
081215na3.jpg 081215na4.jpg

NAYUTA (Female) ナユタ(那由他)ちゃん
Blue Mkl. Torbie & White


米仏ハーフのImiママの6thリッターです。
先月末に生まれてなかなか撮影会をできないでいたら、目が開いてしまいました~。
名前については、Wachiが既にブログでかたっているとおりですが、
小さな兄貴と大きな妹というところが、私たちのツボにハマっています。(笑)
「セツナよ、妹に負けずに育っておくれよ」

さて、今回のパパは我が家生まれのホワイトBoy アルシャインです。
彼はN&Mとしては片手に数える程のブリード猫として、某キャッテリーにお婿入りしていましたが、昨年彼らはブリーダーを廃業しました。
家の猫たちを里子に出される際に、我が家もブリーダーとして引き取りを申し出たところ、彼については引き続き飼い続けるとの解答を頂き、それ以来音信が途絶えていたのですが、ある日突然見知らぬメールが…。
なんと近所に住む彼の子供を持つオーナーさんからで、パパ猫たちを助けて欲しいとの内容です。ほとんどお世話もされていない状態で命の危険があるとのこと。その方は所縁のない私たちをインターネットで捜し当て、状況報告とともに助けを求めてこられたのでした。
詳細は省きますが、友人ブリーダーたちの助言と共に、その方と親切な獣医さんの助けを借りていろいろ策を講じた結果、彼は無事我が家に帰ってまいりました。
しばらく人間不信な様子の彼でしたが、今ではすっかり人懐っこさを取り戻し、大きな声で私たちを呼ぶようになりました。

Al Shainは北欧ラインで英国生まれのSnorriとノルウェー生まれのAidaの子供です。ママImiは米仏ハーフのラインですから、今回の子供たちは3/4ヨーロッパラインとなります。本当は早めに去勢して自由にしてあげたいとも思うのですが、彼の血統はすでに途絶え、彼が唯一のスタッドですので、できればいずれ跡取りを残したいと考えています。それまでもう少しだけ頑張ってね。Qちゃん♪

見学等は2月に入ってからになりますが、お問い合わせは受け付けております。
一緒にデコボコ兄妹の成長ぶりを見守って下さいね。
2008.12.17 Top↑
081215ri1.jpg 081215ri2.jpg
081215ri3.jpg 081215ri4.jpg
BARON RICKS (Male) リックスくん
Black & White


ちょうど2ヶ月齢程のリッくんです。
もうちょっと体重が欲しいので、ワクチンは年明けくらいかな…。
黒いので判りにくいですが、結構かわいいお顔をしています♪
2人のお兄ちゃんギャングsに頑張ってついてってるな~と感心します。
最近のフレールはすっかりママ業を卒業して、もっぱらスージーが3匹のお世話をしていますが、フレールもまだ時々子猫ケージの中のベビーフードを狙っている様子です。(笑)

ただ今リッくんの大家さん募集中です。見学が可能になるのは1回目のワクチン後ですが、興味のある方は左のフォームでお問い合わせ下さいませ。
2008.12.17 Top↑
081215lu1.jpg 081215lu2.jpg
081215lu3.jpg 081215lu5.jpg
LELOUCH (Male) ルルくん
Blue Classic Tabby & White
大家さん決定!

081215su1.jpg 081215su2.jpg
081215su3.jpg 081215su4.jpg
SUZAKU (Male) スザクくん
Cream Classic Tabby & White
大家さん決定!

まもなく2回目のワクチンをひかえたフレールっ子たちですが…
毎日飛び跳ねています。触るとすぐゴロゴロしてくれて可愛いのですが
狭い部屋を駆け回るのに人間の背中を蹴り通っていくので、
私たちの足や背中が被害に…。厚着の季節でホント良かった~。(苦笑)

スザクくんが良い感じで育っているので、できればキャットショーのアルター部門に
チャレンジして頂ける大家さんを希望しています。
私たちと一緒にショーを楽しんでみませんか?
興味のある方は左のフォームよりお問い合わせ下さいませ。
2008.12.17 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。